designattractor52-1

窓から光が差し込むような明るい空間が好きな方は、白をベースにすると光が拡散されて効果的です。しかし、白と言っても全てをペンキの白にしてしまうのではなく、様々なマテリアルを用いた方が良いと思います。タイルの光沢のある白、床材の模様が入った白、マットな白など素材のバリエーションで全体が白っぽい空間になるように組み合わせます。

ついつい家具まで白く揃えてしまいそうですが、所々に黒い家具をもってくることでより空間が締まります。写真の部屋はよく見ると様々な色が入っていますが、全体として白ベースに黒の組み合わせになっています。この「全体としてまとまっている」という考え方は大事だと思います。極端に拘るのではなく、全体のバランスをみながらチョイスするとうまくいくのではないでしょうか。さらにどこか一カ所に目立つ色を入れると効果的です。つまり「差し色」ですね。上の写真でいうと黄色いイームズのチェアになります。この差し色についてはまた別の機会に紹介したいと思います。

designattractor53-2

designattractor01-4

designattractor28-1

designattractor30-2