Eriskberg-Apartment-01-750x563

日本ではリビングにテレビが置いてあって、ソファを置く場合その方向に向けて1つ設置するのが大概です。しかし我が家ではテレビがありません。普段は音楽を聴くか、プロジェクターで映画を見るか、Macで動画サイトをみるかです。音楽はどこにいても聞こえますし、Macはどこへ持って行ってもネットワークに繋がるのでみる場所を選びません。つまりソファーは好きな場所におけるわけです。

写真の家は、窓側に3シーターのソファーを向かい合わせに置いてコーナーとしています。とても居心地が良さそうですね。よく見ると玄関から入ってすぐの場所なのに、ひとつの空間としてうまく収まっています。ソファーを対で配置することで、周りの空間から切り離し落ち着く雰囲気を実現している例です。色のチョイスもインテリアの中でアクセントになっていますね。

そこに座ると見えるのはテレビではなく人です。私の主観ですが、家族の団らんは一緒にテレビを観る事では生まれないと思います。(それは家電業界の創られたイメージにすぎません…)大事なのは会話でしょう。この空間がよく見えるのはそんなお互いが向かい合っている風景が想像できるからかもしれません。

Eriskberg-Apartment-01-1-750x559

Eriskberg-Apartment-01-2-750x559

Eriskberg-Apartment-01-3-750x559