bishop-great-room-shlving-unit-portrait

私の仕事の一つにグラフィックや映像のデザインがあります。そこはあらゆる物がキチンと揃っていることが美徳とされている世界です。1ミリの何分の1のズレも許されなかったり… しかし、揃えるのはとても事務的で簡単な作業だと思っています。グリッドシステムという考え方がありますが、ガイドに合わせていくと自然と美しく見えたりもします。一方、私が難しいと感じるのはランダムを作り出す時です。

人はどうしても揃えたくなる生き物なのかもしれません…ランダムを作っているはずが、自然と規則正しくなってしまったりします。またはランダムになっていても美しく見えなかったりします。

bishop-living-room-portrait

写真の家は照明の配置が素晴らしいですね。様々な角度から撮影されていますが、どのアングルでも美しく見えます。これは相当難しい仕事だと思います。平面のポスターならまだしも3次元の空間に配置する作業ですから!ここからは私の想像ですが、事前の綿密なシミュレートと現場の調整があってこその「美ランダム」なのではないでしょうか。以下の写真は照明以外にも様々な部分で「美ランダム」を実現しています。ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか?

bishop-exterior-interior

bishop-dappled-light-windows

bishop-kitchen-portrait

bishop-reading-time-open-plan-kitchen-portrait

bishop-skylit-clustered-family-photos