Any other ideas?

他にアイデアないの?        
      
世界には居心地が良さそうな家がたくさんあります。先人達のアイデアを参考に自分の家を考えてみませんか?
まずはたくさんのすばらしい家を見ることから…

Posts tagged "Material"
素材としての可能性

素材としての可能性

スクラップにされそうな車や、メタルの標識は一見ゴミのよう。しかしそれは例え建材としてつくられたものじゃなくても、立派に家を形作ってくれます。むしろプリントされている文字や褪せた色あいは、既製には無いオリジナルな要素として価値のあるものだと思います。
白ベースに黒の法則

白ベースに黒の法則

窓から光が差し込むような明るい空間が好きな方は、白をベースにすると光が拡散されて効果的です。しかし、白と言っても全てをペンキの白にしてしまうのではなく、様々なマテリアルを用いた方が良いと思います。タイルの光沢のある白、床材の模様が入った白、マットな白など素材のバリエーションで全体が白っぽい空間になるように組み合わせます。
Brickに酔う

Brickに酔う

Brick=煉瓦 まさに憧れの壁ですね。つくろうと思ってもこの質感は出せません。しかもスクラップ&ビルドな国、日本ではほとんどお目にかかれないと思います。国によっては100年なんて優に超える建築に平気で住んでいたりします。羨ましいですね!
マテリアルとバランス

マテリアルとバランス

  リノベーションで大事なのは使う素材とそのバランスだと思います。一般に扱われている内装用の素材はイミテーションが多く、どうしてもしっくりきません。写真はガルバリウムだと思いますが、カッコいいですね。こういった本物の金属や石、コンクリート、タイル、そのものが持つ表面の質感が大切だと思います。